洗顔料は泡立て後に使用するワケ

洗顔料の泡立てを正しく行う

高級な洗顔料を購入したのに使用方法を間違えると台無しですが、
いつかの石鹸で洗顔をする場合は正しく使用することが大切で、

 

特にお金をかけて購入したものであればなおさら使い方には気をつけるようにしましょう。

 

よく失敗してしまいがちなのが洗顔料を使用して
顔を洗う場合にそのまま泡を立てることなく肌に直につけて洗うことですが、

 

これをしてしまうと肌に対する負担を強めてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

いつかの石鹸洗顔をする場合は泡を立てて、その泡で顔を洗う
というのがスタンダードな方法になっているのですが、

 

泡立てネットと呼ばれる専用のネットがあるので
これを購入して使用することによって洗いやすい泡を作ることができます。

 

中途半端に泡立てをして洗った場合は同じ洗顔料であっても
まったく効果は違ってくるという点に注意して使用しなければなりませんが、

 

同じ泡であってもできるだけきめ細かい泡を作るというのがコツになります。

 

きめ細やかないつかの石鹸の泡を作る理由の一つとして表面積における問題があり、
泡が細かい場合だとそれだけ表面積が広くなるので

 

汚れと洗顔料の接地面が比例的に増えるため、
これによって落としたい汚れを馴染ませることができるというわけです。

 

もちろん目立つような大きな汚れについてはそこまで差は出てこないのですが、
残りやすい化粧の汚れなどについてはこれを意識するかしないかによって
洗い上がりに大きな差が生じることになります。

 

また、泡立てがしやすい洗顔などを意識的に選ぶのもコツになります。

関連ページ

洗顔料を使わないで水だけで洗うのは本当にあり?
洗顔料のを使わないで、水だけで顏を洗うのは肌質によりますね。脂性肌の人がこれをやったら得な胃のは想像できますよね。
洗顔の正しい効果的なやり方を実践していこう
洗顔の正しい効果的なやり方を毎日することで、顔の状態が前に比べて良くなってくるでしょう。間違った洗い方は肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。
洗顔のすすぎの仕方や回数の重要性
洗顔のすすぎの仕方や回数を正しくしないと、せっかく美肌を目指しているのに足止めをくらってしまいます。