顔に棲息しているダニの役割って何?

顔に棲息しているダニとは?

いつかの石鹸などで洗顔することによって洗い流されるものと言えば
皮脂や汚れなどをイメージする人が多いと思いますが、

 

ビックリすることに洗い流しているものの中には生命体のダニも含まれており、
それもかなりの量が一度の洗顔によって洗い流されている現実があります。

 

自分の顔にダニなんかいるはずないと思っている人も
細かい顕微鏡で見てみるとダニが媒介していることに気付くと思いますが、
このように顔に媒介しているダニは一般的に顔ダニと言われています。

 

名前だけ聞くと絶対に肌へはマイナスな効果しかないように思えますが、
この顔ダニが棲息していることによって皮脂をある程度食べて

 

バランスを保っているという側面もあり、
必ずしもデメリットばかりがあるダニではありません。

 

しかし、顔ダニが増えてくると今度はメリット面が小さくなり
害の面が目立ってくるようになりますが、

 

顔ダニが増えて皮脂がそれだけ食べられることになってしまうと
肌の顕著な乾燥を促すことになるので結果として乾燥肌の状態になってしまいます。

 

そのため、乾燥肌を防ぐという点で考えると顔ダニはできるだけ少ない方がよいのですが、
通常の洗顔でもある程度は洗い流すことができて、

 

また残った顔ダニが繁殖することによって通常の量に戻っているのが普通です。

 

乾燥肌や脂性肌の場合はダニの数を意識したケアをするよりも
乾燥肌なら保湿をいかにするかということや反対に脂性肌ならいかに皮脂を洗い流すか
ということを考える方が大切です。

 

この点においてはいつかの石鹸なら対処できるのではないでしょうか。

関連ページ

皮脂が多いタイプの脂性肌での注意点に注目しましょう!
皮脂が多いタイプの脂性肌の人が注意しなければいけない点とは?普段の生活なども見直してみましょう。
顔の肌とその役割についてのバリア機能を考えてみる
顔の肌とその役割についてを記載しています。顏の肌のバリア機能を崩さないようにすることがいつかの石けんを用いる際に大事になってきます。
乾燥しやすいタイプの肌質でのスキンケアの仕方を間違えないように!
乾燥しやすいタイプの肌質では、スキンケアの仕方を間違えると大変なことになります。乾燥肌でのただ正しい対策をしていきましょう。
敏感肌の場合の顏のケアの方法|正しくない化粧品選びに注意
敏感肌なら顏のケアは通常と違った方法で行わないと肌荒れなどを起こしてしまう場合があります。