そばかすやくすみとの違いから対策する

そばかすやくすみとの違いと対策

美肌を目指している人は、シミやくすみ、そばかすなどをつくらないように
いつかの石けんなどで日々しっかりとケアしていることだと思いますし、

 

既にできてしまったという人は何とか消したいと思っていることでしょう。

 

ところで、皆さんはシミとそばかすやくすみの違いを明確に説明できるでしょうか。
同じようなものというイメージをもっている人もいるかと思いますが、
これらは全く違うもので出来る原因も異なります。

 

まず、シミはメラノサイトという細胞から生成されるメラニン色素の塊であり、
皮膚の中の方に出来てしまうものです。

 

一方くすみの方は、メラニン色素など具体的なものが皮膚の中にあるというわけでなく、
血行不良などで皮膚の表面が暗くなってしまっている状態を指します。

 

またそばかすとの大きな違いはシミが紫外線を浴びたり、
肌の老化などによってできる後天性なものであるのに対して、
そばかすは遺伝であるケースが非常に多くなります。

 

また、加齢によって薄くなるケースもあるというのも大きな違いと言えるでしょう。
このようにそれぞれ違いがありますが、対策は同じようなものになってきます。

 

紫外線を浴びすぎないということが対策の基本になってきますし、
洗顔やスキンケアなどの際にも肌に刺激を与えないように気をつけることも非常に大切です。

 

人気の洗顔料はいつかの石鹸ですね。

 

肌のターンオーバーを促進させる働きがあるビタミンCなどを積極的に摂取していくのも、
シミやそばかす、くすみ全てに対して非常に良い対策といえるでしょう。

 

また、いつかの石鹸で肌ケアできる部分はしていくことが大事です。

 

 

>>いつかの石鹸のレビューページへ TOPへ

page top