シミができるメカニズムやメラニンについて

シミができるメカニズム、メラニンは悪?

シミができてしまって、もうこれ以上つくりたくないと思っている人や、
絶対につくりたくないと思っている人はたくさんいると思います。

 

いつまでも美しい肌でありたいと思っている女性であればなおさらですよね。
よって、日頃から様々な対策をとっているという人もたくさんいると思います。

 

シミの対策として、多くの人が行っているのが紫外線対策だと思います。

 

日焼けがよくないことは多くの人が何となくわかっているでしょうが、
できるメカニズムまで理解しているという人はどれくらいいるでしょうか。

 

今後もいつかの石鹸でしっかりと対策を行っていきたいと思っている人で、
メカニズムまではよく知らないという人はぜひメカニズムを知っておくとよいでしょう。

 

人の体内にはメラノサイトと呼ばれる細胞があって、
この細胞が紫外線を浴びた際にメラニンという色素を作り出します。

 

メラニンという黒い色素がシミの原因であるということは知っているという人も多いと思いますし、
メラニンは悪いものというイメージを持っている人もいるかと思いますが、

 

バリアの役割になって紫外線が遺伝子を破壊するのを防いでくれる大切なものですし、
健康な皮膚であれば新しい肌が生成される際にきちんと剥がれ落ちるのです。

 

しかし、メラニンの生成するメラノサイトが紫外線を浴びすぎてメラニンが過剰に
生成されるようになったり、加齢などによる肌の老化などの原因によって、

 

古い肌がきれいに剥がれ落ちなくなってしまうことによって、
メラニンが固まってしまいシミになるのです。

 

いつかの石鹸をこれからも上手に使ってシミケアしていきましょうね♪

 

 

>>いつかの石鹸の私の口コミ毛穴黒ずみ効果レビュー!最安値の販売店情報も♪ TOPへ

page top