顔の肌とバリア機能の関係性を考える

顔の肌とその役割について

皮膚の構造を知ることによって見えてくるものはいろいろありますが、
肌は単に一層から成るものではなく何層もの皮膚が折り重なることによって出来ているもので、

 

それぞれの層がきちんと役割を果たすことによって肌としての機能になっているわけです。

 

洗顔をする場合も単に顔をきれいにすることを意識するだけでなく
肌がどのような風に成り立っているのか考えることによって

 

いつかの石鹸で洗顔をする際にどのような風に汚れが取れているのか
イメージすることができるようになります。

 

肌の役割の一つとしてバリア的な機能を果たすという役割があり、
太陽から照射される紫外線が内臓に影響を及ぼさないようにしていることや

 

空気中に飛散している有害物質による影響を受けないようにするなどの働きもあります。

 

したがっていつかの石けんで洗顔をする場合は肌が持つバリア機能を低下させないように
気をつけて洗う必要があるのですが、バリア機能を無視してゴシゴシ洗うことによって
肌の機能を著しく低下させてしまっていることがあります。

 

また、肌には保湿をすることによって肌に潤いをもたらす作用などもありますが、
過度な洗顔によって保湿成分が失われてしまうことによって乾燥肌になってしまうケースもあります。

 

肌は自分達が思っている以上に敏感な部分でもあるのでケアを考えるだけでなく
ケアそのものが肌に対して影響を与えてしまってないかということを考える必要もありますが、

 

肌トラブルにならないためにも肌質を知ることも必要です。

 

 

>>いつかの石鹸の口コミや体験談の記事 TOPへ

page top